ゴボウ

牛蒡

双子葉、合弁花、 キク科、 ゴボウ属、花は筒状花のみ、2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1メートル。 秋に蒔いて翌年の夏に収穫するか、春に蒔いて秋に収穫する。 50センチ〜1.5メートルの細長い茶色の主根がある。
葉は先の丸い大きな心形で、白い軟毛の生えた長い葉柄があって、 根生する。葉の全体がやや波打ち、つやはなく、 葉裏には白毛がある。
春蒔いたゴボウは、翌年の夏までおくと花径をのばし、 アザミのような、筒状花のみの赤紫色の花を数個咲かせる。 総苞は丸くて棘があり、棘の先は鉤状になっている。
果実はそう果で、総苞の棘は栗のイガのようになり、衣服などに引っかかる。
主根や若葉を食用とする。
ユーラシア大陸にあるが、日本で根も食べられるように品種改良された。



葉は大きな心形で、長い葉柄があって根生する。(2015/7/2)


葉裏や葉柄に白毛がある。(2016/5/5)


花期には茎が立ち上がる。(2017/5/6)


茎にも葉柄にも毛がある。(2017/5/6)


葉腋から花茎が出て、棘のある蕾がいくつかできる。(2017/6/3)


(2017/6/24)


筒状花のみの赤紫色の花が咲く。総苞は丸くて大きな棘をもつ。(2015/7/2)


果実は丸くて大きい。(2017/7/29)


果実はそう果が球形に集まったもので、先が鉤状になった棘がある。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る