ゲンノショウコ

現の証拠

双子葉、離弁花、 フウロソウ科、 フウロソウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:30〜60センチ
茎は細くて、地を這うか他のものにもたれる。 茎の上部や葉柄、花柄、萼には毛が多く、腺毛が混じる。
葉は葉柄が長くて対生し、 上部の葉は掌状に3深裂し、下部の葉は5中〜深裂し、両面に毛がある。 若葉には紫色の斑点がある。
花は5弁で、葉腋から出る長い柄の先に2つつき、紅紫色または白色である。 雄性先熟で、雄しべの葯が落ちてから雌しべの柱頭が開く。
刮ハは5個の球が寄り集まり、その中心部に先のとがった長い突起が 立った形をしている。 熟すと黒くなって、刮ハが5裂し、反り返った突起の裂片が種子を巻き上げる。
下痢止めの薬となる。

花柄や萼などに毛が多い。


(2017/9/30)


花弁は5枚。白い花。


赤い花。(2016/10/27)


(2017/7/29)


葉は掌状に3深裂する。(2015/6/15)


蕾では花弁が巻いている。葉柄にも毛が多い。


関東には白い花が多く、関西から西は赤い花が多い。


紅紫色の花。




朔果は細長くとがり、基部がふくらむ。熟すと黒くなる。


二股に分かれるものが多い。


刮ハが黒くなって5裂し、反り返った突起の裂片が御輿の屋根のように巻き上がる。


巻き上がった裂片の先に種子が付いていて、撒かれる。(2016/10/27)


熟すと萼などが赤くなる。<2015/10/28)


(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る