ガザニア


双子葉、合弁花、 キク科、 ガザニア属、舌状花と筒状花をもつ、1年草(暖地では宿根草)。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
高さ:15〜40センチ
半耐寒性であるが、寒冷地では1年草のように扱われる。
地下茎で広がり、群落を作る。
葉は根生葉で、へら形であり、葉表は濃緑色で光沢があるが、 葉裏には白い軟毛がある。
根元から出る花茎の先に、舌状花と筒状花のある黄色やピンク、オレンジ色、白などの頭花を1つつける。 舌状花の基部に黒褐色の斑点があって、 蛇の目模様になるものもある。 晴れた日中に開花し、日照が十分でないときは花を閉じる。
果実はそう果である。
南アフリカ原産。

花は蛇の目模様となるものが多い。 (2018/6/15)


地下茎で群生する。 (2018/6/15)


総苞はお椀形。 (2018/6/15)


葉はへら形で、葉裏は白い軟毛で覆われる。 (2018/6/15)


果実はそう果。 (2018/6/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る