ガガイモ

蘿薩

双子葉、合弁花、 ガガイモ科、 ガガイモ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏 8月
地下茎を長くのばし、細いつるを出して、 右巻きにしてからむ。 茎を切ると有毒な白い乳液が出る。
葉は先のとがった5〜10センチの長卵状心形で対生し、 葉脈が明瞭で、裏面は白緑色をおびる。
葉腋から散形花序を出し、淡紫色〜白色で先の5深裂した 直径約1センチの花をつける。内側には毛が密生している。 ずい柱があって副花冠で取り巻かれており、 柱頭が花冠から突き出る。
果実は長さ約10センチの広被針形の袋果で、 表面にいぼ状の突起が多数ある。
種子は扁平な楕円形で翼があり、光沢のある長い毛 (種髪(しゅはつ))があって、袋果が褐色に熟して割れると、 風にのって飛ぶ。



花は淡紫色〜白色で、花冠が5深裂して星形に開き、内側に軟毛が密生する。


(2016/9/17)




細長い角のような袋果実ができる。


袋果が割れると長い毛のある種子が風で飛ぶ。


葉は先のとがった長卵状心形。


つるに葉が対生し、葉腋から花序が出る。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る