フウセントウワタ

風船唐綿

双子葉、合弁花、 ガガイモ科、、 フウセントウワタ属、1年草(原産地では常緑低木)。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1メートルぐらい
茎は直立する。
葉は被針形で対生し、白い短毛がある。
葉腋から散形花序を出し、先が5〜6個に分かれて白い5弁花をつける。 雄しべと雌しべは合着してずい柱(蕊柱)をつくる。 づい柱のまわりには蜜をもった漏斗型で淡い赤紫の副花冠がある。 花弁は反り返る。
秋に柔らかい棘のついた袋果が葉腋につき、熟すと割れて、 中から長い綿毛のついた種子が出てくる。
南アフリカ原産の常緑低木であるが、寒さで枯れるので、 日本では1年草として扱われる。



雄しべと雌しべが合着して蕊柱を作る。


蕾は5角形。




葉は細長い。


葉裏は緑白色。(2016/12/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る