チョウマメ

蝶豆

双子葉、離弁花、 マメ科、 チョウマメ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
茎は直立したのち、 つるを長くのばしてよく繁るようになる。
葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は鈍頭の楕円形で5〜9枚ある。
葉腋に3〜5センチの鮮やかな青い蝶形花を数個咲かせる。 花は大きい旗弁に小さい竜骨弁がつつまれたような2重構造をとる。 花は長期間にわたって次々と咲いてゆく。 白い花もある。
果実は長さ10センチぐらいの細長い豆果である。
東南アジア原産で暑さに強い。

(2015/9/29)


青い蝶形花は、大きい旗弁に小さい竜骨弁が包まれた形をとる。(2015/9/29)


蕾には大きな苞葉が2枚ある。(2016/9/28)


開く前の花は細長くて、花冠が左右に巻き込まれている。(2016/9/28)


細長い豆果が多数できる。


奇数羽状複葉の小葉は鈍頭の楕円形で全縁。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る