チョウジタデ

丁字蓼

双子葉、離弁花、 アカバナ科、 チョウジタデ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:30〜70センチ
別名:タゴボウ
湿地に生える。
茎は立ち上がって互生状に分枝する。 茎には上にゆくほどはっきりした稜があり、赤みを帯びることもある。
葉は3〜10センチの被針形で互生し、側脈が明瞭で、秋には紅葉する。
葉腋に柄のない直径6〜8ミリの黄色い花を咲かせる。 花は通常4弁で、花柄のような細長い赤い子房があるので、 横から見るとT字形に見える。
長さ1.5〜3センチの棒状の刮ハをつける。



葉腋に黄色い4弁花を咲かせる。葉は被針形。


茎には稜があり、赤みをおびることがある。(2016/10/3)


赤みを帯びた四角柱状の刮ハがつき、先に萼片が残っている。




秋に葉が赤くなる。(2016/10/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る