チシマタンポポ

千島蒲公英

双子葉、合弁花、 キク科、 ヤナギタンポポ属、舌状花のみ。多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:10〜20センチ
花茎は直立し、分岐せず、白毛があるが葉はつけない。
葉は長さ約10センチの長楕円形で根生し、長い白毛がある。 鋸歯はない。
花径の先に黄色い舌状花のみの頭花が単生する。 花径は約3センチ。 総苞にも白毛が密生する。
そう果には白い冠毛がある。
ヨーロッパ・アルプス原産で、千島列島とは関係がない。

舌状花のみの黄色い頭花が咲く。(2015/6/1)


全体が毛深い。(2017/5/31)


葉は長楕円形で、羽状には裂けず、長い白毛がある。(2015/6/1)


茎葉は互生する。(2016/5/14)


茎にも白毛があり、総苞には白毛が密生する。(2015/6/1)


そう果には白い冠毛がある。(2015/6/1)


花後に総苞の下部が膨らみ、果実が熟すと冠毛が球状になって出る。(2016/5/14)


根生葉の縁が白いので、葉裏に白毛のあることがわかる。(2016/10/4)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る