ブロッコリー


双子葉、離弁花、 アブラナ科、 アブラナ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月
直根があり、薹(とう)立ちする。
葉は互生し、羽状に裂けて厚く、有柄で、長さ50センチ以上と大きい。
春に多数の蕾が密集して直径10センチぐらいの半球状になる。 この蕾と花茎を食用にする。
蕾をとらない場合はとうだちして、枝先の総状花序に 黄色やクリーム色の4弁花が咲く。
果実は長角果で、先がとがり、細長い。



蕾が半球状に密集する。


葉は羽状に裂ける。(2015/9/29)


葉は長さ50センチぐらいと、大きくなる。(2016/11/20)


葉柄も太くて、茎にらせん状につく。(2016/11/20)


総状花序に黄色やクリーム色の4弁花が咲く。


ブロッコリーやキャベツはアオムシの大好物で、葉は瞬く間にレース状になる。
置きすぎると黄色くなってまずくなる。(2015/2/1)。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る