ボリジ


双子葉、合弁花、 ムラサキ科、 ルリジサ属、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜7月
高さ:0.3〜1メートル
別名:ルリジサ、ルリヂシャ
寒さには強いが高温多湿には弱い。 全体にやや固い白毛がある。
茎は中空で太く、上部で分枝する。
葉は楕円形で鋸歯があり、脈がへこみ、互生する。
枝先に赤褐色で毛のある花柄を分枝させながら集散状に出し、 その先に青紫色で星形の5弁花をうつむき気味に咲かせる。 5枚の萼片は赤褐色で細長い。
果実は黒褐色の分果で、萼の中に下向きにつく。
ハーブや薬草として利用されるが、 素手で触るとチクチクする。 青紫色の花を白ワインに浮かべるとピンク色となる。
地中海沿岸原産。

青紫色の花が咲き、全体にやや固い白毛がある。(2015/5/6)


花色は淡紅色から青色に変色してゆく。(2016/5/5)


全体に毛深い。(2017/4/22)


葉は大きい楕円形で鋸歯がある。(2015/5/6)


葉は互生する。(2017/5/6)


赤褐色の花柄が枝分かれしてゆき、先に星形の花をつける。(2015/5/6)


草丈は約1メートルである。 (2018/6/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る