バレンギク

馬簾菊

双子葉、合弁花、 キク科、 エキナセア属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:60〜100センチ
別名:エキナセア
暑さに強い。 茎は高く直立し、粗い毛がある。
葉は先のとがった長楕円形〜披針形で、 互生する。
花茎の先に直径4〜7センチの頭花を1個つける。 舌状花は淡い赤紫色で、やや垂れ下がる。 花の中央の筒状花が次第に紫褐色に盛り上がってくる。
そう果が実る。
冬は地上部が枯れる。 種から育てると、花が咲くのは翌年からとなる。
多くの品種があり、 舌状花の白いシロバナバレンギク、 舌状花が赤紫色のムラサキバレンギク(エキナセア・パラドクサ)、 葉の細長いエキナセア・パリダなどがある。

ハーブや民間薬として使われる。
アメリカ中部原産。

葉には互生するものと対生するものがあるように見える。(2015/7/2)


舌状花は、(馬簾のように)垂れ下がってくる。(2015/7/2)


花の中央部が盛り上がってくる。(2015/7/2)


葉は先がしだいにとがる楕円形。(2015/7/2)


花径は高くのびあがる。(2015/7/2)


ネギ坊主のような果実ができる。(2016/11/26)


茎は太くて毛があり、とがった長楕円形の葉が互生する。(2015/5/6)


葉の細長いエキナセア・パリダ。(2015/5/6)


エキナセア・パリダの蕾。葉には細毛が密生する。(2015/5/6)


エキナセア・パリダ。(2017/6/6)


エキナセア・パラドクサ。(2017/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る