アリッサム


双子葉、離弁花、 アブラナ科、 ニワナズナ属(ロブラリア属)、多年草(日本では秋まき1年草)。 用語説明
花期:春〜夏、秋 3月〜6月、9月〜11月
高さ:15〜30センチ
本来は多年草であるが、高温多湿に弱く、 日本では夏に枯れることが多いので、 秋まき1年草として扱われる。耐寒性はある。
這うように広がって地を覆う。 管理がよければ2〜3年生きている。
葉は長楕円形で軟毛が密生する。茎葉は互生するが、 頂部分では対生するように見える。
茎先に直径約3センチの総状花序に小さい4弁花を密生させる。 色は白、赤、紫、薄紅などがある。 花後に花茎が少し立ち上がる。刈るとまた花を咲かせる。
果実は短角果。
地中海沿岸原産。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る