アメリカンブルー


双子葉、合弁花、 ヒルガオ科、 エボルブルス属、1年草(原産地では多年草)。 用語説明
花期:春〜秋 4月〜10月
高さ:20〜40センチ
別名:エボルブルス
高温と日照、乾燥に強いが、霜が降りる所では枯れる。 過湿もきらう。
茎は叢生し、這って分枝したあと斜上する。 茎には軟毛が密生する。赤みを帯びることもある。
葉は長さ1〜2センチの楕円形で全縁であり、互生し、 表裏に微毛がある。
花は枝先の葉腋につき、直径2〜3センチで、花筒は短く、 花冠は青くて5裂する。裂片の先は浅く2裂するすることもある。 花の中心部は白い。 雄しべは5本ある。雌しべは2本あり、先が2裂する。
卵形の刮ハができる。
枝を切るとそこから分枝するので、吊り花にしてもよく茂る。 枝がよく出るので、グランドカバーとしても利用できる。
原産地:中央アメリカ。

花は青く、花冠は5裂する。茎はよく分岐し、赤みを帯びることがある。 (2021/9/20)


茎は横に張りだして、斜上する。葉は全縁の楕円形。花の中心部は白い。 (2002/8/4)


雄しべは5本ある。茎に軟毛があり、葉に微毛がある。 (2021/9/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る