アカネ



双子葉、合弁花、 アカネ科、 アカネ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:茎の長さ60〜90センチ
茎には4稜があり、下向きの短い棘があって、分枝して他の植物などによりかかる。
葉は3〜7センチの三角状卵形で、先は細くなってとがり、 基部は心形である。4枚が輪生するが、そのうち2枚は托葉が 変化したものである。
葉腋からでる集散花序に直径3〜4ミリの小さくて黄緑色の5弁花が咲く。
直径5〜7ミリの球形の液果がつき、黒く熟す。
太いひげ根を乾燥させると赤紫色になる(のでアカネ)。 根から赤い染料をつくるが、それで染めるにはとても手間がかかる。



花は黄緑色で小さく、5弁。(2016/10/4)


(2016/10/4)


果実ができつつある。(2016/10/4)


黒光りする果実が2つずつつくが、一方が脱落していることもある。Photo by H. O. (1999/11/26)


葉は4枚が輪生する。


(2016/5/5)


茎には4稜があり、下向きの短い棘がある。

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る