ユリノキ

百合の木

双子葉、離弁花、 モクレン科、 ユリノキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20メートル以上
別名:ハンテンボク、チューリップツリー
樹皮は灰褐色で、幹には深い裂け目が編み目のようにできる。
葉は互生し、10〜15センチの掌状で、薄くてかたく、浅く2〜4裂し、 先端は凹形となる。 葉柄は3〜10センチある。
初夏に枝先にチューリップに似た形の淡い黄緑色の花を1個ずつつける。 花被片は9枚あり、3枚は萼状、6枚は花弁状である。
果実は翼を持った種が多数集まって、細長い松笠の ような形となる。
近縁のものとして、 花にオレンジ色の斑紋のないシナユリノキがあり、 地理的に隔離されてできたと見なされている。

枝先に杯状の黄緑色で基部にオレンジ色の斑紋のある花を単生させる。


杯状となる花被片9枚と、水平ないし垂れ下がるように開く萼片3枚がある。


4または6浅裂する大きくて葉柄の長い葉を互生させる。


葉裏は灰緑色。冬芽は長楕円形。(2016/11/3)




果実は槍の穂のように細長くて先がとがる。(2015/10/12)


果実は、よく見ると、翼果が松笠状に集まった集合果である。(2015/10/12)


内側の翼果から落下し、集合果の外側の翼果は翌春まで残ることが多い。


翼果の基部に黒褐色で楕円形の種子が1〜2個ある。(2016/11/3)


背は20メートルぐらいに高くなる。






堂々たる大木となる。(2015/10/12)


黄葉する。


樹皮は灰褐色で、縦の網目模様ができる。


松かさ状に集まった翼果のうち、外側のものがコップ状になって残っている。




シナユリノキ。花にオレンジ色の斑紋がない。(2017/5/2)


シナユリノキ。


シナユリノキ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る