ヤマビワ

山枇杷

双子葉、離弁花、 アワブキ科、 アワブキ属、常緑、広葉樹、小高木〜高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:7メートル
樹皮は灰白色でなめらかであり、小さい褐色の皮目がある。
葉は互生し、10〜25センチの倒被針形で、先はとがり、基部は 次第に狭くなり、縁は波打つ。
葉の上部に内側へ曲がる浅い鋸歯があり、側脈が裏面へ隆起する。 葉は枝先に密生してつき、革質で光沢がある。
初夏に枝先に出る毛の密生した円錐花序に、 淡黄白色の小さい5弁花を多数つける。 花弁は外側の3枚は半円形で、内側の2枚はごく小さい。
秋に直径6〜7ミリの球形の核果が黒紫色に熟す。
材はかたく、器具作りや伊勢神宮の火おこし神事に使われる。









双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る