ヤブニッケイ

藪肉桂

双子葉、合弁花、 クスノキ科、 ニッケイ属、常緑、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:夏 6月
高さ:10メートル
幹は暗褐色でほぼ平滑である。若枝は数年間緑色をしている。
葉は互生し、長さ6〜12センチの長楕円形であり、光沢のある革質で、 3脈がはっきりしていて、裏面は灰白色である。
初夏に葉腋の散形花序に、 淡黄緑色で6枚の花被片が半開きとなる小さい花をつける。
果実は球形の液果で秋に黒紫色に熟す。



淡黄色の小さい花を葉腋の散形花序につける。


葉は光沢のある革質




幹は暗褐色


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る