ヤブコウジ

藪柑子

双子葉、合弁花、 ヤブコウジ科、 ヤブコウジ属、常緑、小低木。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:10〜20センチ
別名:ジュウリョウ(十両)
半日陰でも実をつける。寒さにも強い。
地下茎で繁殖して群生するが、成長は遅い。 茎は直立して、分枝しない。 樹皮は褐色。
葉は4〜13センチの長楕円形で細かい鋸歯があり、 互生ではあるが茎の上部に2段ほど輪生状につく。 葉の寿命は数年間と長い。
前年枝の葉腋から花柄を出し、数個の花をつける。 花は白く、下向きに咲き、花冠は深く5裂する。
果実は5〜6ミリの球形の核果で、赤く熟す。



丸い核果が赤く熟す。


果実は茎先近くにつく。




葉腋に白い花を数個下向きに咲かせる。


花冠は5裂する。(2015/7/12)


(2016/10/27)


葉は長楕円形で細鋸歯があり、光沢があって、茎先に輪生状に互生する。


(2016/6/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る