ウリノキ

瓜の木

双子葉、離弁花、 ウリノキ科 、 ウリノキ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月
高さ:3メートル
樹皮は灰色でまるい皮目があり、滑らかである。
葉は互生し、7〜20センチで薄く、浅く3〜5裂し、 裂片の先は鋭くとがり、 表面には軟毛が散生する。ウリの葉に似ている。
初夏に葉腋の集散花序に白い細長い蕾がつき、 開くと6〜8個の白い花弁が丸く巻き上がる。 葯は黄色で長く突き出す。
楕円形の核果がつき、藍色に熟す。
近縁種の シナウリノキ は、樹高が約10〜15メートルの高木で、 葉の切れ込みが多かったり、切れ込みがなかったりで、 葉の変異が多い点などがウリノキと異なる。

(2017/9/11)


葉は掌状で3浅裂しており、ウリの葉に似ている。葉柄が長い。 (2017/9/11)


葉裏は白緑色で、葉は互生する。 (2017/9/11)


幹は灰色で、丸い小さな皮目はあるが、ほぼ平滑である。 (2017/9/11)


落葉低木である。 (2017/9/11)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る