ウラジロガシ

裏白樫

双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:20メートルぐらい
幹は直立し、樹皮は灰黒色で滑らかであり、丸い皮目が散在する。 新枝には淡褐色の毛が密生する。
葉は有柄で9〜15センチの長楕円状被針形で、先が鋭くとがり、 上半部には鋭い鋸歯があり、互生する。 薄い革質で、表面には光沢があり、裏面はロウ質が出て 粉白色となる。
雌雄同株で、新枝の下部から淡褐色の雄花序が数本垂れ下がり、 新枝の上部の葉腋からは赤みを帯びた雌花序が立ち上がる。
堅果は長さ1.2〜2センチの広卵形で、翌年の秋に褐色に熟す。 殻斗には同心円が7本ある。



樹皮は灰黒色で滑らかであり、丸い皮目が散在する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る