ウメモドキ

梅擬

双子葉、離弁花、 モチノキ科、 モチノキ属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:夏 6月
高さ:1〜3メートル
樹皮は灰褐色で側枝は短枝化しやすい。
葉は長さ4〜8センチの楕円形で先がとがり、小さい棘状の鋸歯があり、 有柄で互生し、裏面の脈上に長い軟毛がある。
雌雄異株で、 6月ごろ葉腋から集散花序を出し、 淡紅色で花弁が4枚〜5枚ある小さい花をいくつも咲かせる。 花序の枝が短いので花は束生しているように見える。
葉腋にできる数個の球形の核果が秋に赤く熟し、冬、落葉後も残る。

(2016/10/6)


丸い核果が赤く熟す。


落葉後も果実は残る。(2015/10/12)


未熟な果実。(2016/7/28)


葉は先のとがった楕円形で互生する。 (2018/6/19)




葉には細かい鋸歯がある。 (2015/5/6)


葉裏は淡緑色で、葉脈が少し透ける。 (2015/6/15)


花は4〜5弁で、白いものもある。 (2017/6/6)


(2017/6/6)


落葉低木である。 (2015/10/12)


樹皮は灰褐色。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る