ウバメガシ

姥目樫

双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:3〜5メートル
別名:イマメガシ、ウマメガシ
よく枝分かれする。10メートルぐらいになることもある。 樹皮は黒褐色で、老木は縦に浅く裂ける。
葉は3〜6センチの楕円形で互生し、厚い革質で光沢があり、 上半部の縁にはあらい鋸歯がある。
雌雄同株で、 新葉が出ると同時に長さ2〜2.5センチで黄褐色の雄花序が新枝の 下部から垂れ下がり、上部の葉腋に目立たない雌花が1〜2個つく。
長さ2センチぐらいの楕円形の堅果がなり、翌年の秋に熟す。 殻斗には黄褐色の毛が密生した鱗片が瓦のようにならぶ。
材は水に沈むほど緻密で、ガラスに傷がつくほどかたく、 備長炭の原料となる。




雄花序が新枝の下部から数本垂れ下がる。


葉は厚い革質で、強い光沢がある。








樹木。


老木の幹には縦の裂け目がはいる。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る