ツブラジイ

円ら椎

双子葉、離弁花、 ブナ科、 シイ属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20メートル
樹皮は灰黒色で滑らかである。新枝は灰緑色。 萌芽力が強いので株立ち状になることもある。
葉は5〜10センチの卵状長楕円形で互生し、革質で、裏面に銀褐色の 鱗片状の毛が密生する。
雌雄同株で、 雄花序は新枝の下部から上にのびて弓なりに下垂し、淡褐色で 強い香りがある。 雌花序は新枝の上部の葉腋に直立し、椀状の総苞に包まれた 雌花を多数つける。
果実は球形で、翌年の秋に熟す。 穀斗には鱗片が同心円状にならび、3裂すると 茶褐色で卵状の堅果が現れる。



葉は卵状長楕円形で互生し、裏面に銀褐色の毛が密生する。(2015/10/28)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る