トウカエデ

唐楓

双子葉、離弁花、 カエデ科、 カエデ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15メートル
樹皮は灰褐色で、表皮が短冊状にはがれる。
葉は対生し、倒卵形で光沢があり、浅く3裂し、掌状となる。
雌雄同株で、対生する葉の間から出る散房花序に淡黄色で白毛の密生した 花をつける。花弁も萼片も5枚ある。
2分果となった翼果をつける。
秋に黄葉または紅葉する。



灰褐色の樹皮が短冊状に薄くはがれる。(2016/5/14)


葉は枝先近くに集まって出る。(2015/5/10)


葉は掌状に3浅裂し、光沢がある。


(2015/10/22)


散房花序に淡黄色の小さい花をつける。


雄しべの長いのは雄花、短くて花糸の見えないのは両性花。(2016/4/22)


翼のある2つの分果があまり開かずに並ぶ。


2つの分果が八の字状にくっつく。(2016/5/14)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る