テンダイウヤク

天台烏薬

双子葉、合弁花、 クスノキ科、 クロモジ属、広葉樹、常緑、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:5メートル
幹は灰褐色で株立ちし、枝が細くてよく分枝する。
葉は互生し、長さ4〜8センチの広楕円形で、先は尾状にとがり、 3脈が目立つ。 表面は光沢があり、裏面は粉白色をおび、白毛が散生する。
雌雄異株で、4月に葉腋に小さな黄色い花が数個集まってつく。 萼が6枚ある。
果実は長さ7〜8ミリの楕円形の液果で、秋に黒く熟す。
肥大した根に芳香があり、生薬として利用する。



冬芽。細長い葉芽のまわりに丸い花芽がある。


(2016/10/15)


葉芽が伸び始め、花芽が膨らみはじめる。 (2017/3/30)


黄緑色の花が咲くと同時に葉の展開が始まる。


黄緑色の萼を持つ花が葉腋に群がる。 (2017/4/13)


萼は6枚ある。 (2011/4/7)




葉は広楕円形で、3脈がはっきりしている。


葉に光沢がある。 (2018/10/20)




葉裏は粉白色を帯び、白毛がある。


果実のできはじめ。(2016/4/29)


大きくなり始めた果実の頂は赤みを帯びる。 (2017/6/6)


未熟な果実。(2016/8/26)


幹は株立ちする。(2015/10/28)


樹皮は灰褐色。 (2017/3/10)


常緑小高木である。 (2018/1/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る