タラノキ


双子葉、離弁花、 ウコギ科、 タラノキ属、落葉、低木〜小高木。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:2〜6メートル
ふつうはほとんど分枝せず、幹の頂上から枝を広げる。 下方の葉は葉柄ごと落ち、幹は短期間に高くのびる。 樹皮は灰褐色で丸い皮目があり、幹にも枝にも長短の棘が多数ある。
葉は互生するが枝先に集まってつく。 2回羽状複葉で、羽片が5〜9個あり、各羽片に小葉が多数つく。 小葉は先の鋭くとがった5〜12センチの卵形〜楕円形で、不揃いな鋸歯があり、 表面にも葉柄にも棘がある。
雌雄同株で、初秋に幹の先端から30〜50センチの大きな散形花序を出し、 淡緑白色の3ミリぐらいの5弁花を多数つける。
直径3ミリぐらいの球形の液果が9〜10月に黒く熟す。
新芽は山菜となる。しかし、とってよいのは頂芽だけで、 側芽までとるとその枝は枯れる。 樹皮は薬用になる。



幹先の大きな散形花序に淡緑白色の5弁花を多数つける。


丸い液果が黒く熟す。(2015/10/28)


葉は頂近くにつく。


新芽は大きくて赤い。




多数の棘がある




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る