タマアジサイ

玉紫陽花

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科(新分類ではアジサイ科)、 アジサイ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:1.5メートルぐらい
乾燥しない林縁などを好む。
幹は束生し、灰白色〜淡褐色で、樹皮が薄く剥がれる。 枝は褐色で曲がり気味にのびる。
葉は10〜21センチの先の尖った楕円形で、細かい鋸歯が密に並び、 葉柄があって対生する。 両面ともに固い毛があってザラザラしている。
若枝の先に直径1.5〜3センチの丸い蕾をつけ、 開花のときは蕾を包んでいた苞が割れて落ちる。 花序はいくつかに枝分かれし、 その各枝に淡紫色の多数の両性花が散房状に咲き、 そのまわりに4枚の花弁状萼片を持つ白い装飾花が咲く。 両性花には、花弁と萼片が4〜5個、雄しべが8〜10本、 雌しべが2〜3個ある。花弁はすぐに落ち、長い雄しべが目立つ。 花序全体では直径15センチぐらいとなる。
1つの花序を構成する枝は同時に開くのではなく、 徐々に開いてゆき、 1つの木の花も同時に開くのではなく、徐々に開くので、 花期が長い。
両性花からは丸い刮ハができ、褐色に熟して、 直径1ミリに満たない種子がでる。
有毒である。

(2017/7/29)


葉は尖った長楕円形で、細かい鋸歯が並ぶ。(2016/7/28)


枝先に何枚もの苞に包まれた丸くて大きい蕾がつく。 (2017/7/29)


蕾が割れて花が出てくる。 (2017/7/29)


全ての花序枝が一斉に咲くのではなく、徐々に咲く。 (2017/7/29)


(2017/7/29)


長い雄しべが目立つ。 (2017/7/29)


樹皮は淡褐色で薄く剥がれる。(2017/7/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る