スモークツリー


双子葉、離弁花、 ウルシ科、 ハグマノキ属、落葉、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:4〜5メートル
別名:ハグマノキ、ケムリノキ
枝はよく分枝し、剪定しないと樹形が乱れる。 樹皮は褐色で若木では平滑であるが、老木では鱗状に不規則に裂ける。
葉は3〜8センチの卵形で互生し、緑色のものと赤みを帯びた ものがある。秋に紅葉する。
雌雄異株で、約20センチの円錐花序はよく枝分かれし、 直径約3ミリの小さい淡緑色の5弁花を多数咲かせる。 雌株には稔花と多数の不稔花があり、 花後に不稔花の花柄が羽状に長くのびて、花序が 紫色の小さい綿菓子のようになる。雄株は花序が 短く、綿菓子のようにならない。
褐色でいびつな小さい楕円形の核果がつく。



卵形の葉が互生する。(2017/7/29)


花後に花柄が羽状にのびる。(2017/7/29)


羽状に伸びた花柄が赤みを帯びる。(2017/6/3)


葉は枝先に集まってつく。(2017/5/6)


樹皮は灰褐色で鱗状にひび割れる。(2017/7/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る