スモモ

酸桃

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:7〜8メートル
別名:ハタンキョウ、プラム(ただし英語ではウメもプラム)
ウメとモモの中間のような特性を持つ。 若木の樹皮は暗紫色で光沢があるが皮目もあり、老木になると 光沢がなくなり、裂け目が入る。
葉は長さ5〜14センチ、幅3〜5センチと細長い長楕円形〜倒被針形で、 先はとがり、細かい鋸歯があり、葉柄は1〜2センチで、互生する。
花は前年葉腋に直径約2センチの白い5弁花を1〜3個つける。 わずかに紅色を帯びたものもある。花柄は約1.5センチあり、 萼は筒形となって、反り返らない。
直径3〜4センチの球形の核果がつき、初夏に赤紫色〜黄色に熟す。 果実には縦の割れ目があり、表面に毛はない。 食用であるが、やや酸っぱい。









双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る