スダジイ


双子葉、離弁花、 ブナ科、 シイ属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20メートル
別名:イタジイ、ナガジイ
幹は直立後よく分枝し、樹皮は黒褐色で、成長すると縦の裂け目が入る。 新枝は褐色を帯びた灰緑色である。
葉は5〜15センチの広楕円形で、左右に平面的に互生し、 厚い革質であり、裏面に灰褐色の鱗片状の毛が密生する。 上半部に浅い鋸歯があるが、鋸歯の目立たないものもある。
雌雄同株で、 雄花序は新枝の葉腋から上にのびて弓なりに下垂し、淡褐色で 強い香りがある。 雌花序は新枝の葉腋に直立し、椀状の総苞に包まれた雌花を多数つける。
果実は卵状長楕円形で灰褐色の殻斗に包まれており、翌年の秋に熟す。 穀斗は鱗片で覆われており、割れると 7〜9ミリの砲弾形の堅果が現れる。 堅果はあまりアクがなく、生でも食べることができる。



雄花序は葉腋から出て弓なりにのびる。(2016/5/5)


果実が葉腋に数個ずつつく。


(2015/10/12)




葉は広楕円形で、先がとがる。


葉は厚い革質で、平面的に互生する。


葉裏には灰褐色の鱗片状の毛が密生する。


果実は鱗片で何重にも覆われた殻斗に包まれている。


熟すと殻斗が3裂して砲弾形の堅果が現れる。


樹皮は黒褐色である。


大木になった幹は縦に深くひび割れする。




花期には照葉樹林帯の山がスダジイで淡黄褐色に彩られる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る