ソヨゴ


双子葉、離弁花、 モチノキ科、 モチノキ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:3〜7メートル
別名:フクラシバ
根は浅く、横に走った先で幹を立ち上げることもあり、 風などで基部が横倒しになっているものもある。 樹皮は灰褐色で平滑であり、皮目がある。
葉は4〜8センチの卵状楕円形で互生し、全縁で縁が波打ち、 有柄で無毛であり、つやがある。 風に吹かれると擦れあってカシャカシャ音をたて、 加熱すると葉がふくらんで音を立てて破裂する。
雌雄異株で、葉腋から出る花柄の先に雌花は単生し、 雄花は散形状に咲く。花は直径約4ミリで白く、 花弁は4〜5枚ある。
細長い(5〜6センチ)果柄の先に、直径約8ミリの丸い核果が ぶら下がり、秋に赤く熟す。

丸い核果が細長い果柄の先につく。


葉は卵状楕円形で縁が波打つ。




葉腋から出る花柄に白い花が咲く。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る