シナノキ

科の木、級の木

双子葉、離弁花、 シナノキ科、 シナノキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 6月末〜7月
高さ:8〜10メートル(尾根では低木であるが、 渓流沿いでは30メートルになることもある)
樹皮は暗灰色〜灰褐色で、縦の裂け目がある。
葉は互生し、葉身は4〜10センチのゆがんだ心円形で、先は尾状に鋭くとがり、 鋭い鋸歯がある。 葉柄には星状毛があるが、無毛になってゆく。
夏に葉腋から垂れる集散花序に、直径約1センチの淡黄色の花を10個あまりつける。 花弁は長さ約5ミリと小さくて目立たないが5枚ある。 花序の柄には狭楕円形の総苞葉がある。
果実は直径5〜7ミリの球形の堅果で、灰色の短毛が密生し、10月に熟すと、 花序とともに落ちる。
樹皮の繊維を以前は布や和紙の原料、あるいはロープの原料にした。
日本特産。

(2017/5/6)


樹皮には縦の裂けめがある。高木となる。(2015/5/10)


葉は心円形で先が尾状にとがる。(2017/5/6)


葉に鋸歯があり、葉裏は白緑色。(2017/5/6)





花は淡黄色。


アメリカシナノキ


アメリカシナノキ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る