シモツケ

下野

双子葉、離弁花、 バラ科、 シモツケ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:1メートル
株立ちし、樹皮は暗褐色で、縦に裂ける。
葉は3〜8センチの先のとがった卵形で互生し、不揃いな鋸歯がある。
春から夏にかけて、枝先に紅色の小さい花が複散房花序 (散房花序が半球状に複合)に集まってつく。 花弁は広卵形で5枚あり、淡紅色から濃紅色まで変異が多い。
果実は袋果で長さ2〜3ミリのものが5個集まった形をとる。
シモツケゴールドフレームという品種は、 春の葉の展開時と、秋の落葉前に紅葉する。



(2015/5/27)


蕾。




花。




(2015/6/1)


袋果が5個集まった果実ができる。(2015/7/2)


5個の袋果には花柱が突起状に残っている。(2017/6/29)


(2015/10/28)


イワシモツケ


葉の展開時に紅葉したシモツケゴールドフレーム。 (2009/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る