シジミバナ

蜆花

双子葉、離弁花、 バラ科、 シモツケ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:1〜2メートル
別名:ハゼバナ
枝が根元で分枝して叢生し、樹皮は灰黒色である。
葉は3〜5センチの広卵形で、細かい鋸歯があり、上面は光沢があり、 下面は伏軟毛が密生する。互生する。 秋には葉が青銅色になる。
新葉とともに白い八重咲きの花が前年枝の散房花序に3〜10個ずつかたまって咲く。 雄しべと雌しべが弁化(花弁状に変化)しており、 花の直径は8〜10ミリで、中央がくぼむ。
結実しない。



雄しべと雌しべは弁化しており、結実しない。 (2009/3/30)


茶褐色の前年枝に花柄の長い白い花が散房状に咲く。




葉は広卵形で細鋸歯があり、互生する。(2016/4/11)


若枝には軟毛が密生する。幹は灰褐色。(2017/4/13)


叢生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る