シェフレラ


双子葉、離弁花、 ウコギ科、 フカノキ属、常緑、低木。 用語説明
花期:夏 6月
高さ:1〜5メートル
別名:園芸店ではカポックと言われているが、 本来のカポックはキワタ科の20メートルを超える木で、熱帯に生えている。 本項では、本来のカポックではなく、 俗称でカポックと言われているシェフレラについて説明する。
幹は緑色をしており、あまりかたくない。 あまり分枝しないが、茎を切られると脇芽が出てくる。
葉は、8枚ぐらいの小葉を輪生状につけた掌状複葉であり、 小葉は肉厚の長楕円形でつやがあり、縁もなめらかである。
枝先の集散状花序に淡黄色の小さい5弁花を多数咲かせ、 果実は小さい球形の液果で、黄色から桃色に色が変わり、熟すと赤色になる。
明るい室内が適しており、強い直射日光では葉が焼ける。 3度ぐらいまでの寒さには耐えるが、霜にあたると傷む。

枝先の集散状花序に淡黄色の小さい5弁花が多数咲く。


葉は長楕円形の小葉が輪生する掌状複葉。


掌状複葉が互生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る