マメザクラ

豆桜

双子葉、離弁花、 バラ科、 サクラ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:3〜8メートル
葉も花もソメイヨシノより小さい。
幹が基部から分枝して株立ちになる。 樹皮は暗灰色でざらつき、皮目が横に点在する。
葉は2〜5センチの倒卵形で、先は尾状にとがり、鋸歯があって、 互生する。葉柄に毛がある。
春に葉の展開と同時ぐらいに、白色か淡紅白色の5弁花を葉腋に 1〜3個ずつ下向きに咲かせる。花柄にも毛がある。
果実は扁球形の核果で、6月に黒く熟し、食べられる。



葉の展開と同時に花が下向きに咲く。Photo by H. O. (2000/4/22)


(2016/4/15)


早咲き品種もある。(2017/3/10)


果実は、緑→赤→黒と変色する。(2016/5/5)


葉には重鋸歯がある。黒熟した果実はうまい。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る