サイカチ


双子葉、離弁花、 マメ科、 サイカチ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20メートルぐらい
幹は直立し、樹皮は黒褐色で、幹や枝に多数の長い棘がある。
葉は互生し、長さ20〜30センチの偶数羽状複葉に、 2センチぐらいの楕円形で全縁の小葉がつく。 短枝につく葉は1回偶数羽状複葉で、 長枝につく葉は2回羽状複葉となる。
雌雄同株で、短枝の先に小さい淡黄緑色の4弁花が穂状につく。 花柄はほとんど見えない。
20〜30センチのねじ曲がった灰色の豆果をつけ、秋に熟すとさやごと落ちる。 中の黒褐色の種子にはサポニンが含まれ、石けんのかわりになる。
近縁種のトウサイカチは、花柄が明瞭で、豆果はねじれず、棘がサイカチのより太い。






葉は偶数羽状複葉で、小葉は楕円形で全縁。


偶数羽状複葉が短枝に数本つく。(2015/5/10)


短枝の葉は束生しているように見えるが、よく見ると互生している。(2015/5/10)




蕾は穂状につく。これはトウサイカチ。(2016/4/15)


豆果は大きい。


幹は黒褐色〜灰褐色。


鋭くて長い棘が分枝する。(2015/5/10)。


老木では縦にひび割れる。


落葉高木である。 (2018/1/7)


トウサイカチは棘が太くて大きい。 (2016/4/15)


トウサイカチ。 (2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る