レモン

檸檬

双子葉、合弁花、 ミカン科、 ミカン属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:3メートル
寒さには弱い。
枝に棘があり、若枝は緑色であるが、老木は黒褐色となる。
葉は互生し、菱形状楕円形で、 つやと香りがあって、油点がある。
春に枝の上方に1.5センチぐらいの白い5弁花を数個咲かせる。 蕾は淡紫色を帯びる。
果実は直径4〜7センチの紡錘形で、先に乳頭という突起があり、 緑から黄色へと変色してゆく。 果実は酸味と香りが強く、果汁も果皮も調味料として使われる。

(2015/9/23)


果実の先が少し尖る。(2015/10/16)


高さは軒ぐらいで、あまり大きくはならない。(2016/11/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る