ポインセチア


双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 トウダイグサ属、常緑、低木。 用語説明
花期:冬 12月〜2月
高さ:10〜60センチ
別名:ショウジョウボク
乾燥に強いが過湿には弱く、寒さにもあまり強くない。
丈は低く、幹は緑色で、下の方でも上の方でも分枝する。
葉は紡錘形で、先がとがり、全縁である。 短い間隔で互生するので、一見、輪生しているようにも見える。
枝先に葉とほとんど同じ形と大きさの苞が数枚ある。 短日植物で、日が短くなると、枝先の苞が赤く色づく。
苞の付け根に萼も花弁もない小さい花が咲く。 花には、唇のような形をした黄色い蜜腺があり、 小さな雄花に囲まれて雌花の柄がのび、 その先に稜のある楕円形の子房があって、 子房から出る花柱の先が3つに分かれている。
この稜のある子房がふくらんで、果実となる。
全草が有毒である。
メキシコ原産。

(2017/3/30)


黄色い蜜腺が見えている花。(2017/3/30)


苞が白くなる品種もある。(2017/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る