オオヤマレンゲ

大山蓮華

双子葉、離弁花、 モクレン科、 モクレン属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:5メートル
別名:ミヤマレンゲ
山の落葉樹林などに生える。 高くのびるのではなく、やや横広がりになり、樹皮は灰白色である。
葉は互生し、長さ6〜20センチの倒卵形〜広倒卵形で、全縁である。 先が短く尖るが、鈍頭の葉もある。 葉裏は白緑色で、長さ2〜4センチの葉柄がある。
花は枝先に1個下向き〜横向きに咲き、純白で直径5〜7センチあり、 芳香がある。 外側の3枚は萼状で内側の6〜9枚が花弁状である。 花糸は淡赤色で多数あり、葯は淡橙黄色である。
母種のオオバオオヤマレンゲでは、葯が赤紫色でよく目立つ。
袋果の集まった5〜6センチの楕円形の袋果をつけ、 緑→赤紫と変色し、裂開するとオレンジ色の種子が糸で垂れ下がる。

これは葯が赤紫色のオオバオオヤマレンゲ。(2015/6/1)


花は白い。これもオオバオオヤマレンゲ。(2015/6/1)


外側の3枚の花被片は萼。(2015/6/1)


葉は倒卵形で全縁である。(2015/6/1)


葉裏は灰白色。(2015/6/1)


樹皮は灰白色で平滑。(2015/6/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る