オオバベニガシワ

大葉紅柏

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 アミガサギリ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:1〜3メートル
別名:オオバアカメガシワ
幹は根元で分かれて株立ちしたあと、あまり分枝しない。 樹皮は褐色で、ほぼ平滑である。 若枝には軟毛がある。
葉は10〜25センチの円心形で鋸歯があり、互生する。 表面は脈上に細毛があり、裏面は葉脈が突出しており、脈上に細毛がある。 若葉は紅色であるが成長すると緑色となる。
雌雄同株で、 葉の展開と同時に前年枝の葉腋にブドウの房のような赤い花序を出す。 雄花は小さくて8本の雄しべが反り返り、 雌花は3裂した紅色の花柱を長くのばす。 花弁はない。
直径1センチぐらいの扁球形で、軟毛が密生し花柱の残った刮ハをつける。

若葉は赤い。(2010/4/14)


若芽。(2009/4/8)


雄花は頭状に集まる。(2009/4/8)


雌花は赤い花柱が長く伸びる。(2010/4/14)


葉は成長すると緑色となる。(2009/4/23)


葉は円心形で、浅い鋸歯がある。(2009/9/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る