ノリウツギ

糊空木

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 アジサイ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:2〜5メートル
樹皮は褐灰色で縦に裂けてはがれ落ちる。
葉は先の細くとがった5〜15センチの楕円形〜卵状楕円形で対生し、 浅いが鋭い鋸歯があり、革質である。
夏に枝先の円錐花序に、萼片4枚の白い装飾花と、 4〜5弁の白い両生花のある花を咲かせる。 装飾花は枯れて赤く色づきながら秋まで残る。
9月〜11月に4〜5ミリのお椀形の朔果が熟し、赤い種子を出す。
材は均質でかたい。 枝の内皮から和紙をすくときの糊が作られる。 (和紙作成用の糊は トロロアオイ からも作られる。)

(2016/7/28)


葉は先の細くとがった楕円形で対生し、鋸歯がある。


(2016/5/5)


葉裏は淡緑色。


枝先の円錐花序に白い花が咲く。Photo by H. O. (1997/6/27)


(2015/7/2)


装飾花は4弁で、若枝は赤褐色。(2015/7/2)


刮ハは楕円形を半分に切った形で、先に花柱が残る。(2015/10/28)


装飾花は長く残る。(2015/10/28)




刮ハは翌春まで残る。(2009/4/23)


樹皮は褐灰色で縦に裂ける。(2016/7/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る