ニワナナカマド

庭七竈

双子葉、離弁花、 バラ科、 ホザキナナカマド属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:3〜4メートル
別名:チンシバイ
樹皮は褐色で、幹は株立ちになる。
葉は互生し、7〜16センチの奇数羽状複葉で、小葉は長さ4〜7センチの披針形で、 鋸歯があり、先が鋭くとがる。
夏に枝先に円錐花序を出し、直径5〜6ミリの白い5弁花を多数つける。
短い円柱形の袋果をつけ、短い鉛筆キャップを5本束ねたような形となる。
葉などはナナカマドに似ているが属が異なり、果実が異なる。

(2015/10/12)


(2015/6/1)


奇数羽状複葉の小葉は披針形で、細かい鋸歯がある。(2015/10/12)


袋果が5個束ねられたような果実ができる。(2015/10/12)


幹は褐色で、株立ちする。(2015/10/12)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る