ニセアカシア


双子葉、離弁花、 マメ科、 ハリエンジュ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:15メートルぐらい
別名:ハリエンジュ(針槐)
ひこばえが出やすい。 樹皮は淡褐色で縦の深い割れ目がある。托葉は鋭い棘になっている。
葉は有柄で互生し、奇数羽状複葉であり、小葉は長さ2〜3.5センチの 楕円形のものが4〜8対つく。
初夏に小枝の葉腋から垂れ下がる15センチぐらいの総状花序に、 蝶形の白い花をたくさんつける。花は甘い香りがあって、 ミツバチが好む。
10月頃豆果が赤紫色に熟して割れ、種子を落とす。
材は黄褐色で固くて重く、加工しにくいが、 耐久性は高い。 成長が早く棘もあるので、庭木としては管理しにくい。
有毒植物。
北米原産で、明治初期に渡来。



白い蝶形花がたくさん咲く。(2016/5/7)


蕾。(2015/4/26)


奇数羽状複葉で、小葉は楕円形。


花盛り。


果実は豆果。若い豆果。


熟しつつある豆果。(2015/7/11)


熟しきった豆果。


豆は扁平な楕円形。


枝には鋭い棘がある。


樹皮は淡褐色で縦の割れ目がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る