ニオイバンマツリ

匂藩茉莉

双子葉、合弁花、 ナス科、 バンマツリ(ブルンフェルシア)属、常緑、半耐寒性、低木。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜8月
高さ:0.3〜3メートル
日当たりを好むが真夏の直射日光は強すぎるようであり、 寒さにもあまり強くない。
幹は淡褐色で平滑である。
葉は長さ4〜12センチの楕円形で、先は鈍く尖り、光沢があって、 互生する。
枝先に直径3〜4センチの花を咲かせる。 枝の途中から咲く花もある。花冠は5中裂して平開する。 花弁は最初青紫色であるが、1〜2日で白く変色する。 ジャスミンのような芳香があり、夜に匂が強くなる。
結実は稀である。
熱帯アメリカ原産。

(2015/10/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る