ニッケイ

肉桂

双子葉、合弁花、 クスノキ科、 ニッケイ属、常緑、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:10〜15メートル
幹は暗灰色で、樹皮や根の皮は清涼感のある香りがする。シナモンとして用いられる。
葉は10〜15センチの長楕円形で互生し、先が長くとがり、3脈が目立つ。 表面ははじめ灰白色の短い伏毛に覆われているが無毛に変化し、革質で光沢がある。 裏面は伏毛が残って粉白色をおびる。
新葉の展開時に、その葉腋から出る円錐花序に淡黄緑色の小さい花をつける。 花弁は6枚、雄しべも6本ある。
杯状(お椀状)の果床の上に長さ約1センチの楕円形の液果がつき、 11〜12月に黒紫色に熟す。

葉は光沢があって3脈がはっきりしている


葉は尖った長楕円形で、互生する。(2017/5/19)


黄緑色の6弁花が咲く。(2017/5/19)


葉裏は粉白色を帯びる。


(2015/5/10)


葉は密に茂って、樹下は暗い。


高木となる。(2017/5/19)


幹は暗灰色。(2015/5/10)


セイロン・ニッケイ。新芽が赤い。(2017/6/6)


セイロン・ニッケイ。樹皮は灰白色で滑らか。(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る