ナラガシワ

楢柏

双子葉、離弁花、 ブナ科、 コナラ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:25メートルぐらい
別名:カシワナラ
樹皮は黒褐灰色で、不規則に割れ、はがれやすい。 新枝は淡緑色である。
葉は10〜30センチの倒卵状長楕円形で、 革質で粗い鋸歯があり、互生する。 裏面は灰白色で星状毛が密生する。
雌雄同株で、 葉の展開と同時に淡緑色の雄花序が新枝の下部から数本垂れ下がり、 新枝の上部の葉腋から雌花序が出て目立たない雌花が数個つく。
枝先に長さ約2センチのドングリ(堅果)が数個つき、秋に熟す。 殻斗は灰色でつぶつぶに覆われている。
葉はカシワに似ているが、カシワは鋸歯が波状でもっと大きく、 殻斗は細長い鱗片が絡み合って密生している点が異なる。



葉は大きな倒卵状長楕円形で、粗い鋸歯がある。(2016/11/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る