ナンテン

南天

双子葉、離弁花、 メギ科、 ナンテン属、常緑、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜2メートル
樹皮は褐色で縦溝がある。 幹は束生して直立し、枝分かれせず、直径は2センチぐらいであり、 切り口は黄色い。
長い葉柄を持つ3回奇数羽状複葉が幹の頂に集まって互生する。 小葉は3〜7センチの披針形で、全縁で光沢がある。 冬に紅葉することが多いが、落葉はしない。
初夏に枝先に長い円錐花序を出し、白い小さな花をたくさん咲かせる。 萼片は多数あり、花弁は6、雄しべも6あり、雄しべは黄色い。 雌しべは長楕円形。
初冬に丸い液果が赤く実り、咳止めの薬の原料となる。
果実が黄白色の変種はシロミナンテンと呼ばれる。
矮生種のオタフクナンテン(オカメナンテン)は、 高さ40〜50センチで成長が遅く、冬の紅葉が美しいが、 ほとんど結実しない。
葉や果実は有毒で食べられない。



花は6弁で雄しべは黄色く、雌しべは長楕円形。萼片は早く落ちる。


(2015/5/25)


花は円錐状に咲く。


果実は丸い液果。


冬中赤い実をつけるが、鳥に食べられて少なくなる。(2015/11/21)




冬に紅葉するが落葉はしない。




束生する。


シロミナンテンは果実が黄白色。(2016/11/26)


オタフクナンテン(オカメナンテン)は矮生の園芸種。(2016/11/26)


オタフクナンテン(オカメナンテン):よく色づく。(2015/12/18)


オタフクナンテンは成長が遅いのであまり手間がかからない。(2016/2/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る