ムレスズメ

群雀

双子葉、離弁花、 マメ科、 ムレスズメ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:1〜2メートル
幹は束生し、よく分枝する。 樹皮は暗褐色で、托葉と葉軸の先がとがっていて、 落葉後に木化するので、枝の節ごとに2本の棘が残る。
葉は偶数羽状複葉で互生し、小葉は2対あって1〜3.5センチの楕円形である。
葉腋ごとに1つずつ咲く黄色い蝶形花は、花柄で枝から垂れ下がり、 次第に黄紅色に変わってゆく。
豆果は長さ3〜4センチの円柱状で、2つに裂開する。 結実は希である。



葉腋ごとに黄色い蝶形花が垂れ下がる。


節(右端など)に1対の棘がある。(2017/4/13)




2対の小葉からなる偶数羽状複葉が互生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る