ムクロジ

無患子

双子葉、離弁花、 ムクロジ科、 ムクロジ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:17メートル
枝は灰色で、大木になると樹皮が大きくはがれる。
葉は互生する偶数羽状複葉で、小葉は長さ7〜15センチの 狭長楕円形で、黄葉する。
雌雄同株で、 夏に枝先に円錐花序を出し、萼片、花弁とも4〜5片の黄緑色の 小さい花を多数つける。
果実は直径2〜3センチの球形の核果で、果皮は半透明な飴色の袋状だが、 熟すと黄色くなり、中に直径約1センチの球形の黒い核がある。
果皮はサポニンを含むので石けんの代わりになり、 核は羽根つきの珠や数珠に使われる。




(2016/10/5)




偶数羽状複葉が互生し、小葉は狭長楕円形で薄い。


黄葉する。(2015/10/28)




果実は飴色の袋に包まれ、基部にふくらみがある。


果皮は半透明で、核は真っ黒。(2017/5/29)




幹は灰色〜淡黄褐色で平滑。




老木になると樹皮がはがれる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る